なにわクルーズ

組合厚生行事「落語家と行く なにわ探検クルーズ」に参加してきました。

JR難波駅湊町リバープレイスから道頓堀川から木津川、堂島川、大川の帝国ホテル前まで行ってUターンし、土佐堀川、東横堀川から道頓堀川の発着地点までの「川の環状線コース」+オプションで「大川周遊」を入れた2時間コース。
落語家 林家染太さんの案内やクイズ、小咄などで大いに盛り上がりながらほたる号(船)は進んで行きました。

船が進むとビールで乾杯!(飲み放題)
お弁当は人気の太閤弁当がお休みのため、写真のものに。
太閤エールは飲み放題ではなく別料金。

道頓堀川水門ではを抜けると、京セラドーム大阪が見えてきます。
「浪華の八百八橋」と言われるくらい橋の多い大阪ですが、今回のコースで、53もの橋の下をくぐる事になります。

橋の下をくぐるって、こんなところをくぐって行くんです!
水位が高い満潮時などにはくぐれなかったり、すってしまう事もあるようです。
(こすった後がありました。)

天満橋を過ぎたら大阪城が見えました。(右は日経新聞社)
5時出船ということで、夕暮れが近づいて三日月が出ていました。

水面を流れる風が酔い覚ましにちょうど良く、気持ちがよかった。
日が落ちてライトアップされた、堂島川と土佐堀川にかかる難波橋。

道頓堀川に戻ってきたら、有名なドンキホーテとグリコの看板がお出迎え。
もうゴールです。

落語家さんのトークと景色のおかげで、あっという間の2時間でした。
22名の参加者みんなが喜んでいました。
厚生部長さんありがとうございました。

そしておっちゃん達はネオンに誘われて行ったのでした…(笑)  dvb/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL